辛い関節痛をサプリメントで撃退!有効成分の情報を徹底解説

コラーゲンが改善のカギ

関節

サプリと運動を続ける

膝関節があると立ったりしゃがんだり歩いたりすることが苦痛になり、痛みに悩まされることで日々の暮らしがつらくなります。中高年になると加齢からくるものや運動不足で膝関節が痛くなり痛いから動かさないので血流も悪くなり筋肉も衰えていきます。年齢とともに膝関節症になる人が増え、その多くは変形性膝関節症と呼ばれるものでO脚の人は要注意です。軟骨部分がすり減ると骨どうしがあたり痛みが発生し、薬では対処療法でしかなく多くの人は痛みがあっても手術することはありません。長年病院に通っている人の中には全く改善しないという人もおられ、中にはあきらめて治療を受け無くなった人もおられます。膝関節痛に良いというサプリメントがたくさんの媒体でコマーシャルされている時期がありました。軟骨成分であるグルコサミン、潤滑剤になるコンドロイチン、ヒアルロン酸などを使ったものが多くのメーカーから発売されています。しかし軟骨の成分は水分を除けば非変性2型コラーゲンということが分かりました。グルコサミンなど軟骨成分を飲み続けても効果を感じなかった人は非変性2型コラーゲンがその痛みを軽減します。すり減ってしまった膝関節の成分、非変性2型コラーゲンのサプリメントを飲み続けることで関節が修復され痛みを軽減することができます。しかしサプリメントを飲んで治るというものではなく関節を動かし筋肉を鍛え血流を良くする必要がありこれらを続けていると痛い悩みから解放されます。

Copyright© 2018 辛い関節痛をサプリメントで撃退!有効成分の情報を徹底解説 All Rights Reserved.